としちんおすすめアプリ

ムービー・サウンド / ホームページ作成 / ユーティリティ

  


ムービー・サウンド

VLC / 1Click DVD Creator / MPEG Streamclip / DVDFab / Toast Titanium 17

FLAC2iTunes / Lyrics Master / Sharepod /Audio Hijack / BRadiko / Sound it


ムービー編(→サウンド編

■動画プレーヤーの定番

VLC 3.0.6(無料)

ほとんどのメディアファイルを再生できるマルチメディアプレーヤー。
単に DVD プレーヤーとしても Apple 純正の DVD プレーヤーより優秀だと思う。
おいらは主に YouTube からダウンロードした MP4 動画や、DVD からリッピングした VIDEO_TS ファイルを再生するのに使用している。
 

■動画のエンコード(ファイル変換)

1 Click DVD Creator 3.2.15(無料)

本来はあらゆる形式の動画を1クリックで DVD に焼いてしまうアプリだが、無料で焼けるのは2枚までで、それ以上は有料版にアップグレードする必要があるので、おいらは専ら YouTube からダウンロードした MP4 動画を VIDEO_TS に変換する用途で使っている(それなら永久に無料)。DVD にしたいときは、それを Toast で焼けばよい。

参考:
YouTube 動画を DVD に焼く

MPEG Streamclip 1.9.2(無料)

動画のエンコードならほとんどこれ1本。操作も簡単で、変換する動画を再生エリアにドラッグ&ドロップし、「File」メニューから「Export to QuickTime」など変換したい形式を選ぶだけ。
さらに動画を部分的にカットしたり、別の動画とくっつけるなど、iMovie よりお手軽にひと通りの編集作業ができる。

意外な用途として、YouTube には動画といいながら実は音楽に写真を貼り付けただけのものがある。
これを iTunes に入れるべくダウンロードし、音だけ取り出して AIFF に変換することができる。
(AIFF なら Sound It で編集もできるし、iTunes に入れれば勝手に AAC に変換してくれる。)

ダウンロードした MP4 を MPEG Streamclip で開く。

メニューバー>File>Export Audio を選択。

OK をクリック。
 

■DVDリッピング

DVDFab 11.0.2.8(価格は公式サイト参照。30日間の試用期間中は全ての機能が無料)

DVD のリッピングソフト。試用期間中は DVD-R へのコピーもできる。
ただし CSS 等によるコピー防止が施されている DVD のリッピングは違法 なのでご注意。

DVDFab を起動。
タブで「Copy」を選び、左上のコピーモードを「Full Disc」に設定。
DVDをセットすると読み込みが始まる。
赤い矢印の部分をクリックしてコピー先を決定。

試用期間中は DVD-R を指定してダイレクトにコピーできるが、ここではデスクトップ上に新規フォルダを作り、その中にコピーしてみよう。右下の「Start」をクリック。

作業中・・・

成功。

デスクトップの新規フォルダ内に VOB 書類ができた。
この「VIDEO_TS」フォルダを VLC などで開けば Mac で再生できる。
次にご紹介する Toast を使って「VIDEO_TS」フォルダを DVD-R に焼き、一般的なDVDプレーヤーで再生できる DVD を作成することも可能だ。
 

 

■ディスク作成

Toast Titanium 17(価格は公式サイト参照)

Mac 用ライティングアプリの定番。このバージョンから64ビットに対応した。
まともに買うとけっこういいお値段だが、Mac用の外付けブルーレイドライブで、ライティングアプリとして Toast 17 がバンドルされたものもある。


参考:
複数の DVD を1枚のブルーレイに焼くYouTube 動画を DVD に焼く

 

サウンド編(→ムービー編

■FLAC ファイルを iTunes に取り込む

FLAC2iTunes 0.1(無料)

FLAC ファイルを Apple Lossless オーディオファイルに変換し、iTunes に取り込むところまでを一括で実行してくれる。(FLAC と Apple Lossless の音質はほぼ同等である。)

参考:
iTunes に FLAC を取り込む

 

■iTunes 内の楽曲の歌詞を表示

Lyrics Master 2.5.2(フリー)

数ある「歌詞サイト」から歌詞を検索し、テキストでダウンロードしたり、iTunes に埋め込んだりできるアプリ。
「iTunes 連携」を使えば、iTunes で再生中の曲の歌詞をダウンロードしてくれる。

iTunes の「情報を見る>歌詞」に埋め込むことが可能。

これを第5世代以降の iPod や iPhone に同期させれば、それらの画面でも歌詞が表示できる。

iPod classic 80GB。演奏中に中央の丸いボタンを4回押すと・・・

歌詞が出た!
しかし電車の中では、老眼鏡がないとムリ!(-_-;)

■iPod内のデータを復元

Sharepod 4.3.2.0($20)

iPod 内のデータを、簡単に Mac へ逆コピーできるアプリ。
Sharepod を起動し、Mac に iPod を接続して、作業開始。

左側のプレイリストで「Music」を選択し、右下のメニューから「Export Selected Playlist to iTunes」を選択して「GO」を押すと、iPod 内の音楽データが全て Mac の iTunes にコピーされる。

選択した曲だけコピーすることもできるし、iTunes を介さず、任意のフォルダに曲データだけコピーすることも可能だ。

メニュー最下段の「Auto Transfer All Tracks to iTunes」を使えば、ワンクリックで iPod から Mac のiTunes が完全に復元でき、Mac 本体の HD がクラッシュしたときなどに絶大な威力を発揮する。
ただし有料なので、このアプリのお世話にならなくてもいいように、TimeMachine でバックアップをとっておくに超したことはない。

■録音 / ラジオ

Audio Hijack 3.5.7(シェアウェア $49、アップグレードは $25)

BRadiko 0.98.15(無料)

ブラウザや QuickTime Player などのアプリの音を録音するアプリ。

以下は旧バージョンの Audio Hijack Pro 2 で、BRadiko を使ったラジオのタイマー録音の仕方。
これをやろうとしたきっかけは、2014年1月2日(木)~5日(日)午後10時~11時、NHK-FMで4夜連続放送の「新世紀“プログレッシヴ・ロック”の波」を録音したかったことである。

Audio Hijack Pro 2(アイコンもこっちの方がかっこよかった!)を起動。左下の[+]をクリック。

Input タブを開き、Application に BRadiko をセレクト。

「Open URL/File/AppleScript」にチェックを入れ、「BRadiko.0.82.01>AppleScript>らじる★らじる>NHK FM 東京.scpt」を選択。

上のように設定できたら、左上の[Hijack]をクリック。
BRadiko が起動してラジオの音声が聞こえたら設定は成功だ。

いったん BRadiko を終了し、Schedule タブをクリック。
タイマー録音を利用するために「Instant On」と「Schedule Helper」というアドオンのインストールを促されるので、「Instant On…」をクリック。

アドオンをインストール。(Schedule Helper はすでに入っていた。いつの間に・・・)
これらは「メニュー>Audio Hijack Pro>Install Extras」からインストール(および確認)ができるので、最初にやっておいてもよい。

改めて、左のタブで BRadiko を選択し、Scheduleタブをクリック。

Schedule Helper をログイン項目にする必要があると言われるので、[Make Login Item]をクリック。

テスト用に毎週 木、金、土、日の22〜23時に設定。
Record、Mute、Quit Sourceは全てチェックを入れる。

Recoding タブをクリックし、録音方法を設定。
When recoding finishes では、録音完了後に自動的に iTunes ライブラリーに加えることもできる。

Tags タブでは、録音した音声ファイルのメタデータを設定できる。

設定完了。

Audio Hijack Pro のタイマーはスリープ中でも録音開始できる。
12/27(金)28(土)、ちゃんと22〜23時の NHK-FM が録れた。オペラだったけど(^^;)。
うちのMacはオーディオキャプチャ経由でデジタルアンプとオーディオ用スピーカーにつなげてあるので、めっちゃクリアな音!

ファイルは「ユーザ>ミュージック>Sudio Hijack」フォルダの中に。

iTunes もオッケー! もちろん iPod に同期させれば電車の中で聴くこともできる。
 

■サウンド編集

Sound it ! 8 Pro / Premium(価格は公式サイト参照)

(アイコンは Sound It! 7)

サウンドの編集・加工・エフェクトはこれ1本でOK。

MPEG Streamclip のところで「YouTube には動画といいながら実は音楽に写真を貼り付けただけのものがある。これを iTunes に入れるべくダウンロードし、音だけ取り出して AIFF に変換することができる」と書いた。
You Tube に山口百恵を65曲集めたファイルが公開されていて、時間と曲名も書いてあったので、これを Firefox でダウンロードし、MPEG Streamclip で AIFF に変換し、Sound It で開き、曲を全部バラバラにして iTunes に入れようと考えた(笑)。

まずは AIFF ファイルを Sound It で開く。

4時間近い長さがあり、ファイルが大きすぎるので、まずは4つに分割してみる。

手作業で、およそ1時間毎に、曲と曲の間の空白部分に分割マーカーを置く。

名称未設定_01 から 04 までの4ファイルに分割保存された。
そこから名称未設定_01 を開く。

ここからは無音部を検出して自動的にマーカーを置こう。

この作業を4回。
なお「プレイバック part 2」は曲中にも2秒以上の無音部分がある(笑)。おいらは気付いていたのでその部分に作られたマーカーは削除して事無きを得たが。
Shupapan を駆使して65個のファイルに001〜065の通し番号を付け、iTunes に放り込んで、曲名を入力。

66曲になっているのは、ここに含まれていなかった曲をあとから追加したため。