としちんおすすめアプリ

  


文書作成

Pages / iText Express / かわせみ / 宛名職人

Windows 95 が出る前の、まだ NEC の98シリーズが「国民機」と呼ばれていた時代、実は量販店ではパソコンよりもワープロ専用機の方が売れていた。シャープ「書院」、NEC「文豪」、富士通「オアシス」がベスト3で、その当時の作家さんでいまだに使い続けている人もいるらしい。
文書を作成する道具とはすなわち「文房具」に他ならず、手書きでも万年筆やボールペンにこだわる人は多いように、自分の手になじんだ道具というのはそう簡単には手放せないものである。
これはパソコン用のワープロソフトやエディタにも同じことが言える。


■ワープロ

Pages 6.1.1(App Store 2,400円)

いまこの文章を書くのに使っているソフトは次に紹介する iText Express だが、ちゃんとした印刷物をこしらえたいときはワープロソフトの出番だ。
Pages は、クラリスワークス、アップルワークスの流れを汲むアップル純正のワープロソフト。
OS X Lion でアップルワークス(PPCアプリ)が使えなくなったのを機に乗り換えたが、使いやすさはクラリスワークスの時代から変わっていない。(仕事で初めてワードを使ったときは気が狂いそうだった。)

おすすめ:
履歴書用テンプレート
http://www.modshrink.com/pages-cv-template

■テキストエディター

iText Express 3.4.7(無料)

フリーのテキストエディタはいろいろあるが、おいらが使っているのはこれ。
ほとんどワープロ並みの機能も持っているが、普通のエディタとして非常にシンプルで、サクサク打てる。
あまり知られていないが、「メニューバー>ヘルプ>サンプル文書」という、ちょっと探しにくいところに縦書き原稿用紙モードもある。

■日本語入力プログラム

かわせみ 2.0.7(ダウンロード価格2,160円(税込))

Mac に搭載されていた日本語入力プログラム「ことえり」は、昔はおバカで使い物にならなかったので、まともに日本語の文章を書きたい人はサードパーティー製の EGBRIDGE か ATOK のどちらかを使わざるをえなかった。
その後、ことえりもずいぶん頭がよくなっていたらしいが、Yosemite からことえりが廃止され、新しい日本語入力 JapaneseIM が搭載された。

かわせみは、物書堂(ものかきどう)という会社が、EGBRIDGE を開発したコーエーから egbridge Universal 2 のかな漢字変換エンジンとユーザインターフェースの一部についてライセンスを受け、EGBRIDGE のDNAを継承するMac用日本語入力プログラムとして販売しているものだ。

初めてインストールした人はどこに入ったのかわかりにくいと思うが、Mavericks 以降、入力ソースの場所が「言語とテキスト」(当時)から「キーボード」に変わっている。
詳しくは かわせみFAQ 参照。


かわせみがインストールされている状態。
「日本語」とあるのが、従来の「ことえり」に代わるものだ。

もし「かわせみ」しか使わないのであれば、上のように「日本語」を選択した状態で「−」をクリックすればリストから消える。(あとで「+」で追加することもできる。)

■宛名書き

宛名職人Ver.23(価格は公式サイト参照)

Mac用のハガキ宛名印刷ソフトの定番。
おいらが最初に使ったのは パフォーマ6210 にバンドルされていた「宛名職人3.0」だった。
もっとも長期間使っていたのは、郵便番号7桁に対応した「宛名職人5」。
OS X への完全移行に伴い、Leopard を買った同じ日に、無料で「15」にアップグレードできるという特典付きの「宛名職人14」を購入。
その後「18」を使用。「15」の住所録もちゃんと読み込んでくれた。
しかし Yosemite10.10.2 以降は動かなくなってしまったので、無料で「24」にアップグレードできる「23」(そんなのばっかりだな〜)を購入。