mac OS Sierra 10.12.1 を新規インストール(改訂)

クリーンインストールしたいワケ
インストール USB メモリの作成
SSD の Secure Erace(初期化)
インストールとセットアップ
不具合は解消されたか?
DiskMaker X 6 の応用

16/11/16


■ クリーンインストールしたいワケ

Apple Beta Software Program に参加しているのでうちの Mac は一応 macOS Sierra 10.12.1になってはいるのだが(写真)、ベータバージョンからの上書きを重ねた結果なのか、いろいろと不具合があったが、システム終了時によくフリーズして電源スイッチを長押ししないと終了できなかったり、スリープからの回復後に GyazMail が起動できなかったり、DragThing が応答しなくなったりするなどの問題については、前のページでも触れた TimeMachine用外付けHDDの故障が原因だったようで、新しい HDD に交換したら無事に解消した。
しかし「起動ディスクのアイコンが変更できない」「オプション起動しても復旧ディスクが見当たらない」等の不具合が残っていたので、App Store から改めて macOS Sierra 10.12.1をダウンロードし、DiskMaker X 6 でインストール USB メモリを作って新規インストールしてみたいと思ったのである。


■ インストール USB メモリの作成

まずは App Store で Sierra をダウンロード。

ダウンロードが完了すると自動的にインストーラが起動する。
しかしインストール USB メモリを作るため、ここはいったんメニューから終了させておこう。

例によってインストーラはアプリケーションフォルダの中に作られている。
(下の方には OS X El Capitan のインストーラも見える(^^;)。)

DiskMaker X 6 を起動。

Sierra をクリック。

「このファイルを使用」をクリック。

以前ターミナルを使って「Install macOS Sierra Public Beta」のインストーラを作った 8GB の USB メモリをあらかじめマウントしておき、「容量 8GB 以上の USB ディスク」をクリック。

「Install macOS Sierra Public Beta」を選択。

「内容を消去してディスクを作成」をクリック。

「続行」をクリック。

パスワードを入力し、OKをクリック。

作成プロセスが表示されるのだが、このときは見出しがまだ「DiskMaker X 5」だった。

終了をクリック。

完成したインストール USB メモリのアイコン。

 
■ SSD の Secure Erace(初期化)

SSD の初期化は macOS のディスクユーティリティでもできなくはないのだが、HDD みたいに購入時のスピードがよみがえるレベルに Secure Erace(初期化)するためには Windows アプリの TxBENCH を使わなければならない(参考ページ)。

システム終了して SSD を外し、オプション起動で、もともと宛名職人 V.18 が動作する環境として残してあった Mac mini 内蔵HDD内の Yosemite から起動し、パラレルズで Windows 7 を起動。
SSD を接続して Windows 7 の方に認識させ、TxBENCH を起動。
「データ消去」タブを開き、SSD を選択。

Secure Erace(エンハンスモード)をチェックして、開始をクリック。

「はい」をクリック。

「はい」をクリック。

所要時間は約8分とあったが、ほんの一瞬で終わってしまった。本当に消去できたのかな?(-_-;)

Windows 7 を終了させ、SSD が Mac のデスクトップにマウントされるかと思いきや・・・

Mac用にフォーマットしなければならないようだ。
「初期化」をクリック。

ディスクユーティリティが開くので、上のように設定し、消去をクリック。

Mac用にフォーマット完了。これで SSD の準備はオッケー。


 

■インストールとセットアップ

システム環境設定>起動ディスクでインストール USB メモリを選択し、再起動。

何度か自動的に再起動を繰り返しながら、インストール完了。

セットアップ時に TimeMachine から全てのデータを読み込む。

TimeMachine を USB3.0 にしたおかげで、トータル1時間ぐらいで完了。

あとはいつも通り、Dreamweaver CS3 を初めて起動したときに出現するこいつの処理。

詳しい情報をクリック。

ダウンロードをクリック。

というわけで、Dreamweaver CS3 が Sierra でもまだ使えるのがウレシイ。

 
■不具合は解消されたか?

さて、「起動ディスクのアイコンが変更できない」「オプション起動しても復元ディスクが見当たらない」問題は解消されただろうか?

マシンをオプション起動すると・・・

一番右端に「復旧10.12.1」のアイコンが表示された!

そして・・・

起動ディスクのアイコンの変更にも成功!

そんなわけで、およそ2ヵ月以上にわたって調子が悪かった Mac だが、TimeMachine 用外付けHDD の交換と、macOS Sierra 10.12.1 のクリーンインストールによってようやく El Capitan 当時の快適さを取り戻し、全ての外付けストレージの USB3.0化によってさらに高速化を実現!



■DiskMaker X 6 の応用

おいらが作ったインストール USB メモリは USB 2.0 だったのだが、3.0 の USB メモリで作り直せばインストール作業はもっと早かったはずである。
ただ、USB メモリには「紛失しやすい」という大きな弱点があるので(笑)、USB 3.0 接続の Time Machine をお使いの方は、8GBぐらいのパーティションを切り、そこに DiskMaker X6 を使ってインストールディスクを作ってみてはいかがだろうか。

全ての外付けストレージを USB3.0 に」で TimeMachine用の外付けHDDを3パーティションにし、起動ディスクと同じサイズ(500 GB)の「COPY」というパーティションには起動ディスクを復元するか、あるいは別バージョンの OS X の起動ディスクを作ってもいいとお話ししたが、実験的に、ここに Sierra のインストールディスクを作ってみよう。

ここで「他の種類のディスク」を選ぶ。

COPY を選択。

作業中の画面。いつのまにかちゃんと「X 6」に直っていた!

終了をクリック。

COPY が「macOS Sierra 10.12 Install Disk - 10.12.1」と改名された。
上は Finder で開いたところ。

アイコンが殺風景なので、インストール USB メモリをマウントし、それぞれ情報を見る。

インストール USB メモリのプレビューを HDD のアイコンにドラッグ&ドロップ。

インストールディスクのアイコンになった。


USB メモリの方は取り出しておかないと、Finder で開いて空き容量を確認しない限り全く見分けがつかない(^^;)。

【2016/11/24 追記】
その後、3TB の外付けHDDに Sierra インストールディスク用に新たに 10 GB のパーティションを切って4パーティションにし、COPY には本体の Yosemite を復元してみた。
関連記事:
ディスクユーティリティ

【2017/3/2 追記】
Yosemite 10.10.1 じゃないと動かなかった宛名職人18 を 23 にアップグレード。Yosemite 環境が不要になったので、4パーティションにしていた3TB の外付けHDD を初期化し、再び3パーティションに戻した。