「天ぷらにソースは邪道か?」

とし博「味覚」アンケート

質問1・あなたがソースをかけて食べるものはどれですか。

トンカツ  コロッケ  アジフライ  天ぷら  目玉焼き

 
質問2・あなたが醤油をかけて食べるものはどれですか。 

トンカツ  コロッケ  アジフライ  天ぷら  目玉焼き

 
質問3・あなたがをかけて食べるものはどれですか。  

トンカツ  コロッケ  アジフライ  天ぷら  目玉焼き

 

天ぷらとは本来、新鮮な魚介類の余分な水分を飛ばし、熱によって甘味を活性化させる調理法なんだそうです。つまり調理法自体が素材の味を最大限に高めるためのものですから、高級な天ぷら屋では「これは塩だけで召し上がって下さい」と念を押されたりします。
 しかしそれは、素材が上等かつ新鮮で、職人がプロだからこその話であり、ご家庭のお総菜料理としての天ぷらは天つゆで食べるのが一般的です。天つゆさえおいしく作ってあれば、言い方は悪いですがゴマカシがきくわけです。

 ところが、おいらは最近、「天ぷらは醤油でしか食べたことがない」という職場の後輩の話を聞いて非常にびっくりしたのです。
 天ぷらを、誰でも最初は子供の時にお総菜として体験するわけですが、彼の場合、お母さんが天つゆを作ったことがなく、彼は20歳過ぎまで天つゆの存在を知らなかったのだそうです。
 それにしても、「醤油をかける」というのは信じられない話でした。幸運にもおいらの親は揚げたての天ぷらを天つゆで食べさせてくれましたが、弁当のおかずのように冷めた天ぷらの場合は必ずソースをかけていたからです。

 天つゆがない場合、天ぷらに付けるのはソースなのか、醤油なのか。実はこれが今回のアンケートの最大のテーマだったのです。
 これは地域性や性別、世代にも左右されそうな気がしますし、また天ぷら以外の献立には何をかけるかという個人的な嗜好も関係してくるでしょう。そこでアジフライや目玉焼きのような、微妙なメニューも加えてみました。

 前置きが長くなりましたが、お待ちかねの集計結果の発表を行ないたいと思います。

 としちんの回答例 (東京都出身、ただし徳島育ち)

トンカツ

コロッケ

アジフライ

天ぷら

目玉焼き

ソース

醤 油

       

     

 集計結果 6月22日現在 回答数47(男性30/女性17)

トンカツ

コロッケ

アジフライ

天ぷら

目玉焼き

A

ソース


38


37


24


10


12

B

醤 油


9


10


17


16


32

C


1


0


3


23


24

A & B

4

3

4

2

6

「A & B 」は、各食品について、「ソースでも醤油でもOK」という人の数です。
目玉焼きは「A & B」の方が6名もいますが、もっとも少ないのが天ぷらで、わずか2名でした。
つまり96%の人が、天ぷらに関する限り、ソースか醤油かは固定されているわけです。

そこで、天ぷらにソースを付けるソース派(10人)と、醤油を付ける醤油派(16人)について、それぞれ分析してみることにします。
(ただし「天ぷらA & B」の2名は両方に属します。)

 ソース派

トンカツ

コロッケ

アジフライ

天ぷら

目玉焼き

A ソース

9

9

9

10

5

B 醤 油

1

1

4

2

5

C  塩 

0

0

0

6

8

さすがにソース派は、アジフライでもソースを使う人が醤油を使う人の倍以上で、目玉焼きは醤油の人と半々であることがわかります。

 >天ぷらに塩ってのは、どっか店で食う時だけだなあ。以外はかけるとしたら、ソース。(兵庫県 Kuroさん 男性)
 >関西に来て15年。フライにやっと醤油をかけてみるということもしていますが、芋の天ぷらとかはやっぱりソースです。つまり関東のくせが少し抜けてきている関西人ですかな。(山梨県 gnollさん 男性)
 >天ぷらでもかき揚げにはソースをかけます。天ぷらに醤油をかけて食べると口の中がなんかヒリヒリするんです。こんな人イナイかな?(埼玉県 ちあきさん 女性)
 >揚げ物はほとんどソースです。それにしても、コロッケやトンカツに塩をかけて食べる方はいらっしゃるんでしょうか?(^^;(兵庫県 ポストくん 男性)

↓いらっしゃいましたよ(笑)。

 >とんかつはレモン+塩も美味しいし、普段は半分ソース 半分醤油で。。。コロッケは何も付けずか醤油。しかし偶にはウスターソースも恋しくなり。。。アジフライは醤油+レモンかな?(埼玉県 夢麻呂さん 女性)

とんかつも、ヒレだったらレモン+塩はすごくうまそうですね。
兵庫県出身のKuroさんやポストくんはソース派だし、おいらもソース好きは関西の文化なのかと思ってましたが、gnollさんの感じ方は少し違うみたいですね。
「フライに醤油」って、関西だからというより、関西の年配の方の習慣じゃないのかな?

 
 醤油派

トンカツ

コロッケ

アジフライ

天ぷら

目玉焼き

A ソース

13

12

8

2

4

B 醤 油

6

6

9

16

10

C  塩 

1

0

2

7

10

醤油派の方が人数が多いんですね(-。-;)。ソース派のおいらにはショック!
アジフライではソースと互角以上、目玉焼きではソースの倍以上の人が醤油が使っています。
トンカツやコロッケに醤油をかける人もけっこう多いなー。

 >和菓子屋だからか…やはり醤油党です。うちにソースはありません。しかも超薄味派!(大分県 和菓子屋さん 男性)
 >ソースは三角オムレツに時々かけるくらいですね。やっぱ日本人は醤油ですよ。今日はビフテキに醤油でした。(大分県 かめさん 男性)
 >出身(東京)は文字通り生まれ育ったところです。成人してからは札幌から福岡まで全国つづうらうら。なお父親は浅草育ち母親は宇都宮育ち。基本的に母親の味かな、しかし母親自身が親からの(宇都宮的)味を伝えていたかは疑問。何せ時代が時代だったので味どころではなかっただろう。味噌醤油を手に入れるのさえ困難な時代だった。(東京都 ウーパさん 男性)
 >職場で『牡蠣フライには何をかけて食べるか?』という話題になった時、全員(9人)ちがったのがおもしろかった。私はなんでも醤油なので牡蠣フライも醤油なんですけど。。アンケートの答えのとんかつにソースと天ぷらに塩、というのは、外食の時とかです。(神奈川県 かずみさん 女性)

ちなみに5品目とも醤油で食べられる人は5名いました。
ビフテキに関してはかめさんのおっしゃる通り、おかしなソースよりは醤油の方がぜったいうまいと思いますが。
おいらより大先輩のウーパさんは、アンケートの主旨を読み切ったコメント。さすがです。

 >てんぷらは本来「てんつゆ」でしょうが、作るのに精一杯の私は出来上がったらざざっと大皿にもってお醤油で食べます。二人なのに量は4〜5人分くらいあります。どうも子供のころの大家族(8人)の時の分量が抜けていないようです。時々家族が集合する時にはこの感覚が助かります。ちなみに88歳の父と二人暮らしです。(大分県 手島恵子さん 女性)

これはおいらのいちばん欲しかった証言ですね(笑)。
でも考えてみれば、天つゆよりも醤油の方が、塩で食べるという天ぷら本来の食べ方には近いのかもしれません。
やっぱりソースの方が邪道なのか(-。-;)。うまいけどなー。

 ぜったい天つゆ派

 >てんぷらは天つゆですね。(東京都 ひでみさん 男性)
 >アジフライはぽん酢系が好きかも。天ぷらは天つゆだし。(埼玉県 しおんさん 女性)
 >天ぷらは天ツユです。ダイコンおろしも入れます。本格的!! (大分県 チョッキーさん 女性)
 >天ぷらは大根おろしのはいった天つゆのみです。お塩もたまにはいいですが、やっぱり、さっぱり頂くには天つゆカナ?(大分県 himeさん 女性)
 >大阪はダシ文化である。天婦羅には天ツユ! あと、ソースをかけないタコヤキはコッチ(東京)では見かけないっすねー。醤油ダシが粉に入っててスジコンとかがタコといっしょに入ってたり・・・うー旨いのだ。明石焼きもソースではおまへんな。んで、ネギ焼きやチヂミもポン酢ですな。(大阪府 nyappappaさん 男性)
 >はるか昔は天ぷらに各種ソースをかけてた時代もありましたが、今は絶対天つゆです。醤油じゃなくて、ちゃんとダシのきいた天つゆ。(大分県 高山@福岡さん 男性)

アンケートに天つゆの項目がなかったので、天つゆ派の人はひとこと書かずにいられなかったのかも。
大阪はたしかにダシ文化。大阪ではオムライスを食べてさえ「ダシがきいてる」って感じるもんね。

 塩派

 >(醤油派だが)天ぷらに塩、は最近マイブームなのです。(兵庫県 ゆきどん 女性)
 >天ぷらは、塩か、天つゆ。塩は、塩+カレー粉がお勧めです。(大分県 ハハハさん 男性)

天ぷらは、天つゆがベストなのではないという見識は必要でしょうね。せっかくカラッと揚がってるものをビショビショにして食べるのは、たしかにもったいない話ですし。
ちなみに塩でもOKという人は全体のほぼ半数です。
銀座の天ぷら屋にも、塩とカレー粉を置いてあるところがあるそうです。
(そーいや学生時代、カレー風味のチキンフリッターを食べたらうまかったなー。)

 使い分け派

 >天ぷらはネタによって変わります。(埼玉県 夢麻呂さん 女性)
 >ソースでも醤油でもどちらでもいいものっていろいろあります。夫は牡蠣フライやアジフライなどは醤油です。醤油を切らすことはめったにありませんが、ソースを買い忘れることがあってたまーに何でも醤油ってこともあります。(東京都 けろりんさん 女性)
 >てんぷらは、外から買ってきた野菜系のてんぷらの場合はソースかしょうゆ。魚系の場合は塩となるみたいです。出来れば天つゆが望ましいのですが、そこまで無いときはそうします。揚げたての場合は塩で充分ですけど、さめたら天つゆ、レンジで再加熱の場合はソースまたは醤油と分けているヨウナ。。別にはっきりと意識している訳でなく、そうなる様です。。(大分県 やすおさん 男性)

ここまで詳しいと食卓の情景がリアルに浮かびますね。
実は「両方派」の2名とは、やすおさんとルミチンです(笑)。
ルミチン曰く、キス天は醤油で、タマネギ天はソースだそうです。それはたしかに気持ちわかるなあ。

 
 出身都道府県別・性別・世代別

東日本

西日本

ソース派

24%

20%

醤油派

53%

23%


ここでの「東日本」は名古屋より東を意味します。

ソース派

23%

18%

醤油派

27%

47%


 

40歳未満

40歳以上

ソース派

28%

14%

醤油派

28%

41%

回答者全員(47名)を、出身都道府県、男女、40歳より上か下かに分け、それぞれに占めるソース派(天ぷらをソースで食べる人)と醤油派(天ぷらを醤油で食べる人)の割合を示したのが上のグラフです。

醤油派は東日本において割合が高く、西日本ではソース派と醤油派はほぼ互角です。

男女別では、すごい事実がわかりました。
醤油派はソース派よりも6人多いのですが、ソース派は男性7人・女性3人だったのに対し、醤油派は男性8人・女性8人で、人数的にはほとんど女性だけによる差だったとも言えるのです!

世代別では、40歳未満ではソース派と醤油派は全く互角ですが、40歳以上は圧倒的に醤油派が多い。
やはり年配の人はソースよりも醤油なのでしょうか。

「ソース派」「醤油派」についての分析は以上で終わります。
ここからは、みなさんから寄せられたコメントをテーマ別にご紹介します。

 ソースへのこだわり

 >ソースはさっぱりして辛目のウスターソースがとんかつソースより好きです。(大分県 aileenさん 女性)
 >ソースはベタベタ系は嫌い。サラサラ系ウースターソースが好き。醤油は地元モノが一番。(大分県 鶴田浩一郎さん 男性)
 >とんかつはとんかつソース(どろどろタイプ)ですが、グリルみつばのデミグラスソースとんかつも大好きです。(大分県 やすおさん 男性)
 >広島出身の私は天ぷら以外はおたふくお好みソースなのです。これが美味しいのよねぇ。(広島県 ukiさん 女性)
 >トンカツにはトンカツソース。コロッケ・フライにはウスターソースです。基本的に天ぷらにはなんにもつけません。目玉焼きは、塩が振ってないときのみ(ソース)。愛知県民はトンカツは味噌ですね。ステーキに味噌がついてきたときには固まりました。(兵庫県 一応兵庫県民さん 女性)
 >昨年突如ウスターソースに目覚め、以降結構ウスターファンです。とんかつは以前はとんかつソースでしたが、今は絶対ウスターです。ただし魚系のフライには醤油ですね。タルタルとかもいいけど、ベストは醤油。(大分県 高山@福岡さん 男性)
 >トンカツは、デミグラスソースか、トンカツソース。最近は、神戸オリバーソースの「どろソース」がおいしいです。(大分県 ハハハさん 男性)

醤油派・かめさんの「日本人は醤油だ」というご意見がありましたが、逆説的ながら、そのことを象徴する存在がまさにソースだと思うんです。
国産のソースを最初に作ったのはキッコーマンですから、言わば「西洋料理に合う醤油」として誕生したわけですね。
また、とんかつソースやお好みソースの背景にも、醤油をベースにした鰻や焼き鳥の「タレ」の伝統があるのではないでしょうか。
そういう意味では、デミグラスソースは純粋に外来のソースと言ってもよさそうですが、なぜかこれもゴハンにピッタリで、ハヤシライスという名作が生まれたりしました。
おいらは浜松のとんかつ屋がことごとくデミグラスソースだったのに驚いたことがありますが、別府でもずいぶんポピュラーなんですね。

 何も付けない派

 >アジフライは出来たてはそのまま食べます。(大分県 小野康夫さん 男性)
 >本来、私は、何もつけません。(大分県 まさよしさん 男性)
 >どれも、「何もかけない」ことが一番多いんですけど・・・特に、トンカツは絶対何も味をつけません。スパイスそのもの以外の調味料は殆ど使いません。生野菜のサラダでも、何もかけません。(兵庫県 近藤 貴夫さん 男性)

 マヨネーズとケチャップを忘れちゃ困る派

 >マヨネーズ、ケチャップは置いてないんですか?(^_^;) (大分県 つるりんさん 男性)
 >今回のアンケートにある食い物、ワシはマヨネーズを使いますね。(大阪 nyappappaさん 男性)
 >アジフライは、ソース+マヨネーズか、タルタルソース。(大分県 ハハハさん 男性)
 >アジフライはタルタルソースかマヨネーズで食べるのでチェックを付けられませんでした。(大分県 よっしーさん 男性)
 >私はコロッケはマヨネーズで食べます。(大分県 ryoさん 男性)
 >トンカツもコロッケもケチャップたっぷりかける時もありますし、目玉焼きはマヨネーズ醤油が好き。(大分県 チョッキーさん 女性)
 >コロッケ・アジフライ・目玉焼きは気分次第で醤油とソースを区別しますが、たまたま近くにどちらがあるか、程度です。マヨネーズもついでにつけたりします^^;目玉焼きの塩というのは、マヨネーズかけを禁止されているから仕方なくそうなるわけです。(大分県 やすおさん 男性)

「何も付けない派」と「マヨネーズ党」って、もしかしたら紙一重なのかもしれません。
何も付けない人が、もし何かのきっかけでマヨネーズの味を覚えてしまったら、何から何までマヨネーズをかけるようになってしまうかもしれないでしょ(笑)。
マヨネーズは、ある意味「究極の調味料」だと思うのです。
いずれマヨネーズをテーマにアンケートしてもおもしろそうですね。

 その他のご意見

 >卵焼きを焼くときに、宮崎名物「チキン南蛮のたれ」を入れて焼くと程よく酸味が抜けて美味です。(宮崎県 日野@延岡さん 男性)
 >アンケートの結果楽しみです。超うすあじのともちゃんにもやってもらいます。超うすあじでもたくさん食べるので、まったく減塩食にはなっていないと思うのは私だけでしょうか。(神奈川県 周さん 女性)
 >とんかつにポン酢をかけて食べるのが好きっす。(埼玉県 ちあきさん 女性)
 >グラタンに、タバスコも結構いけます。ポテトサラダやマカロニサラダにソースをかけるとおかずになります。うちの義母(八女市出身)の話では、八女では、餅つきの時、餅と、砂糖と味噌入りの納豆を一緒に食べるそうです。(大分県 ハハハさん 男性)
 >ハムカツも入れてほしかったな!(長崎県 スタニスラスさん 男性)

「チキン南蛮のたれ」って、名前がうまそう!
ともちゃんは本当によく食べるもんなあ。(←ローカルな話題(-。-;))
とんかつにポン酢というのは「おろしとんかつ」あるいは「天ぷらに天つゆ」の感覚に近いかもしれませんね。とんかつや天ぷらにストレートの醤油は、(あくまでもおいら的には)ちょっと強すぎる感じがします。
砂糖と味噌入りの納豆って、想像不可能です(-_-;)。
ハムカツって、おいらはあまり食べた記憶がないんだよなー。

 
 目玉焼きへのこだわり

「目玉焼きはマヨネーズ醤油が好き」というチョッキーさんのコメントがありましたが、目玉焼きの食べ方に関する熱きコメントはほかにもたくさん寄せられています。
ちなみにおいらは、昔はかるく塩・コショウをしてからウスターソースをかけるのがベストだと思ってましたが、ホカホカごはんに半熟の目玉焼きをのせて、醤油をたらすという食べ方に到達してからは、ほとんどそればっかりです。

 >目玉焼きは塩以外は考えられません。(山梨県 gnollさん 男性)
 >目玉焼きは塩で、醤油はごくたまに1/100くらいの割合です。(東京都 ひでみさん 男性)
 >おもしろいアンケートですね。自分の中の「当たり前」が全然「当たり前」じゃなかった、ってことになるのかなぁ。でも、目玉焼きは絶対ショーユがおいしいと思うなあ・・・(大分県 みゆうさん 女性)
 >目玉焼きはバター+醤油が一番好き!!! (埼玉県 夢麻呂さん 女性)
 >目玉焼きはパンなら塩こしょう、ごはんなら醤油です。(大分県 かめさん 男性)
 >たまには目玉焼きにも醤油をかけますが、基本的には目玉焼き=ソース派です(笑)(大分県 himeさん 女性)
 >細かいですが、目玉焼きの場合、黄身が半熟状態の時は迷わず塩ですが、もし焼きすぎでカチカチの場合は、ケチャップなどという選択肢もあります。(東京都 BOOさん 男性)
 >目玉焼きは、我が家では、塩こしょうがあらかじめかかっていますが、ソースとマヨネーズをかけます。(大分県 ハハハさん 男性)
 >目玉焼きに「焼肉のタレ」をかけてもおいしいよ!!(大分県 つだ@田染の荘さん 男性)
 >目玉焼きは邪道ですが味の素です。ついでにたまごごはんにも醤油と味の素。これは絶対にゆずれません。邪道だろーが何だろーが、目玉焼きに味の素はうまいぞ!(大分県 高山@福岡さん 男性)

いかがでしたか。けっこう深いテーマだったなあ〜。
大勢のみなさんのご協力、そして楽しいコメントをありがとうございました。


 反 響

差出人:meikoさん 01/6/23

いやぁ まいったまいった 結果じゃなくてとしちんのすごさに(#^_^#)
離れられそうにないわ(爆)

差出人:T&Mさん 01/6/25

アンケート盛況だったようですね。ネタがよかったと思います。
第2回アンケートのネタとしてこんなのは、どうでしょうか?
「あなたがごはんを何杯でも食べられるおかず?」

差出人:gnollさん 01/6/25

いや〜、すばらしい考察に恐れ入ります。
どうやらわたしが述べたソースは関東というのは違うみたいで、うちだけだったのかな?
天ぷらはソースですが、なんとうちにはウスターソースという存在が無くソースと言えば、「すべて」中濃だったのです。ですから幼いうちは、たいていの食堂へ行くとウスターソースしか置いていなかったので、なんか味気なくていやでした(笑)。
実はわたしの本名は○○といいますが、中学生の頃だったか、図書館で○○家はどこからきたのか調べたことがありまして、といって謄本とか取りませんでしたが(笑)、どうやら一部は出雲からやってきたという説があるのです。そうすると、山梨以外に出たことのない両親ですから、そのソースは関西という記憶はなんと遺伝子レベルで伝わっていたのか?などと考えてしまいました。
しかし関西のダシ文化にはまいりました。大学でこちらへ来たのですが、下宿の近所の食堂に「だし巻き定食」なるものがあり、なんで卵焼きの定食があるんだ?と訝しがったものですが、友人が美味しそうに食べるので試してみたら、全然物足りなくてがっかりしたものです。しかしのちにほんとにダシの効いた卵焼きを食べた日には、こりゃあなどれんぞと思い、知らぬ間に関西の薄味ダシ文化に染まっていたというわけです。
個人的なことで申し訳ないですが、つき合った女性がみんな関西の人で、なおかつ結婚したのが京都の人ですから、こりゃもう染まるのはあたりまえですな。
そうそう、タルタルはフライにつけるのはうまいとわかったのもこちらに来てからです。出だしはカキのフライについているのを食べて死ぬほどうまかったということからですが、いま考えてみると、ほんとにうまいカキだったら、レモンでいいはずで、あれ、やばいのだったのかな?(笑)。
ま、ここ大阪はいわゆるマヨネーズがすごい席巻しているので(お好み焼きのせいでしょう)、タルタルもその辺から強いというのもありますが。。。
そういえばとんかつですが、油の悪い豚カツ専門店(笑)に入ったことが何回かあるのですが、醤油とソースを混ぜたような妙なタレがついていましたが、あれは妙にうまかった。ついでに中華とは名ばかりの「王将」という、関西文化のヘソみたいなチェーン店がありますが、ここの焼きそばはソース味とは言い切れない妙な味がして、どうやらソースでないとイカン客はソース味でと言わなければならないらしく、それでもわたしはその混ぜ混ぜ味が気に入り、家で焼きそばを調理するときもソースと醤油を混ぜています。
言い出したらキリがありませんが、この辺にしておきます。

差出人:夢麻呂さん 01/6/25

“お赤飯には醤油”が好きで祖母から「そんな罰当たりな事するとお嫁に行く時に赤い雪が降るよ!」と咎められていましたが『赤い雪なら目出度いじゃん』と思って変えなかったです。冷たいお赤飯にはお醤油と熱い湯を掛けて食べるのも好きです(-_-;)
子供の頃、家に来る七味屋のおじサン特製のお子様用七味唐辛子とお醤油をご飯に掛けて食べていました。
青海苔やゴマや芥子の実が香ばしくて美味しかったです。
それから納豆に某馬路村のゆずポンを混ぜてドレッシング代わりに野菜をモリモリ!!
というのもお勧めです。レタスなら一玉は行けます(^_-)

差出人:るみちんさん 01/6/26

昨日、ぼんやりしながらとんかつを食べようと思ったら(ものすごく眠かったのです)最初、間違えて「醤油」をかけてしまった… その後、「ソース」をかけたけれど、ちょっとしょっぱめになり、キャベツをおかわりしたのはいうまでもありません。とんかつのソースは、どろ〜〜っとした甘めのソースが好きです。