スマホで電子書籍を読む

スマホで電子書籍を読む
掃除機買った!(笑)

 13/08/25 


スマホで電子書籍を読む

電子の国COARA | パソコン通信・インターネットがつくるグローバルな地方 (coaraインターネット変遷)

おいらがパソコン通信を始めたのは1996年の春。
同じ年に So-net が商用プロバイダとしてサービスを開始し、秋にはおいらもインターネットの世界に参入したが、日本のインターネットはまだ本当によちよち歩きの時代で、電子メールやチャットや電子会議室(今のミクシィのコミュニティのようなもの)などの文化は、全てその前のパソコン通信時代に花開いたものだ。
のちにミクシィが成功したのは、ワールドワイドなネット世界の中で、あえて紹介を必要とする会員制を採り、パソコン通信時代の雰囲気を復元したものだったからである。

さらに時代をさかのぼり、1985年、10メガ(ギガではないよ!)のハードディスクが40万円もした時代に、大分県で産声を上げたパソコン通信ネットが「コアラ」。その歴史を綴ったKindle本(電子書籍)がこれだ。
今も別府のお友だちの多くが利用するインターネットプロバイダとして成長し、おいらが加入している別府八湯メーリングリストのホストサーバもコアラである。

別府の人たちとの交流が始まったきっかけは、1997年、おいらがインターネット上に開設したばかりのホームページ「とし博」に別府旅行記を掲載し、それがコアラの会議室で話題になったからである。
今でこそ別府温泉は首都圏のテレビでも頻繁に紹介されるようになり、地獄蒸し、とり天、貸し間などの専門用語も理解されるようになってきたが、バブル崩壊後、東京から来た夫婦が7泊8日で別府を巡り、そのレポートが当時はまだ珍しかった個人のホームページから世界に向けて発信されたことは大事件だったようだ。

ホントはタブレットで読むべきなのだろうが、Amazon KindleというAndloidアプリを使えばスマホでも読めるというので、さっそくインストール。
スマホのメモリ容量を確保するため、AppMgr というアプリを使って、Amazon Kindle本体はSDカードに移動。
下の写真は移動後なので「携帯端末に移動」という元に戻すためのボタンが表示されている。

Amazon Kindleを起動。
アマゾンで買い物をしたことがある人なら、登録しているメールアドレスとパスワードでサインインすればKindle本の購入が可能だ。

さっそく購入。

スクリーンショットだとこうなってしまうが、読むときは上下がこんな風に切れてしまうわけではない。

2本指スワイプで拡大が可能。これならおいらでも裸眼で読める!(笑)

おいらのFacebook友だちも大分県人が圧倒的多数で、また彼らの情報発信力がすさまじいことについて、その県民性を知る上でも非常に参考になる。おいらが7歳から20歳まで育った徳島県にも共通する土壌はあるはずなのだが、1年中いいお湯が湧いている別府と、県外からの観光客が1年のうち4日しか来ない徳島との差はあまりにも大きい(-_-;)。
実際、おいらは徳島にUターンする気持ちは1ミリもないが、晩年は温泉のある場所に住みたいという気持ちも含め、別府に役立てることがあればそのために生きたいとは思う。

掃除機買った!(笑)

Macと無関係な話で恐縮だが、8月5日(月)、ヨドバシドットコムで注文した掃除機が届く。

三菱の紙パック式掃除機「Be-K(ビケイ)」ミルキーブルー(TC-FXC5J-A)。
うちにはいわゆるスティック型の掃除機もあるのだが、あれはあれで扱いにくく、結局古い掃除機ばかり使っていたので、軽いやつがほしかったのである。

おいらは家電のブランドにはこだわりがあって、テレビは東芝、ブルーレイレコーダーはソニー、掃除機は三菱じゃないとダメ。
シャープだと今回と同じようなタイプで6千円台のものがあったりするのだが、さすがに三菱は一番安いこれで12,100円。
古いのは結婚したときにルミチン父に近所の電器屋で買ってもらったやつなのでシャープ製だが、21年たった今でも使えるのは当たりといえば当たりだったのかもしれない(^^;)。

タービンブラシは丸洗いできるらしい。

古いシャープ製掃除機とツーショット。
やはり本体重量が4kgと2.5kgではめちゃくちゃ違う。
今までの苦労が信じられないほど軽く、なおかつ掃除中に転倒しにくい。
吸引力も十分なレベルだ。

なんと言っても一番困っていたのは置き場所だったので、これならスッキリ!