とし博HOME別府ナポリ > 温泉道名人への道

としちん 温泉道名人への道

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8

N0.132 西鉄リゾートイン別府(別府)2008/11/15

 

N0.17 末広温泉(別府)2008/11/15

常駐する管理人が不在で、ドアにも鍵がかかっている。
組合員は合鍵で入るようだが、外来客は斜め向かいにあるたばこ屋さんで入浴料100円を支払い、おじさんに鍵を開けに来てもらう。スタンプもそのたばこ屋さんで押してもらえる。
浴槽はブルーのタイルで、ジモ泉というより、家庭のお風呂的な親しみを覚える温泉だった。

N0.67 四の湯温泉(亀川)2008/11/15

ちょっとした銭湯ぐらいの広さがあり、天井も高い。
浴室の侘び具合が実にいい。
ジモ泉に子供が入っている姿を見たのも初めてである。
おいらは池袋生まれで7歳まで銭湯だったので、非常にノスタルジックなものを感じてしまう。
とてもソフトなお湯で、もともと亀川を代表する温泉は浜田温泉や亀陽泉ではなく、この四の湯だったとも言われている。

N0.44 上人湯(鉄輪)2008/11/16

向かいの「まさ食堂」で入浴料を払い、スタンプを押してもらう。

N0.149 鬼石坊主地獄足湯(鉄輪)2008/11/16

鬼石坊主地獄は温泉と地獄が別の入り口になっている。
地獄には海地獄と同様、温泉道公認の「足湯」があり、スタンプは出口(=入り口)のところで押してくれる。

N0.128 照湯温泉(明礬)2008/11/16

N0.152 黒田や(鉄輪)2008/11/16

アートホテル石松が「もと湯の宿黒田や」に変わり、1Fはレストラン。
ロビーが和風旅館っぽくなっていて、従業員の接客もなかなか丁寧だ。温泉は内湯も露天も充実していて、とても気持ちいい!

N0.133 東屋(鉄輪)2008/11/16

N0.134 さくら亭(鉄輪)2008/11/16

外観はなんだか宗教施設みたいな雰囲気。まずは掛け流しの桧風呂に入る。贅沢だな〜。そのあと、階段で屋上に上がると展望露天風呂「天空の湯」! 屋上にはほかにいくつか家族風呂もあり。泊まり客はライトアップされた湯けむりの夜景を楽しみながら入浴できるという趣向だろう。東屋と同じニューグロリアホテルグループなる会社の系列だが、とにかく高い所が好きだという人ならこちら。でもおいらは東屋からの眺めの方がちょうどいいような気がする。

N0.103 みゆき屋(鉄輪)2008/11/16

道路に面した建物の裏側に民芸調のレトロな家があり、そちらが入り口になっている。
鉄輪らしいお湯で、気持ちいい〜。

【脱退】国東荘(鉄輪)2008/11/16

「坂吉の湯」という大浴場にはセルフの砂湯もあって、少し掘ると、かなり熱いお湯がしみ出してくる。
さすがに砂湯はズーンと来る!

【閉鎖】薬師温泉(別府)2008/11/16

駅から徒歩15分ぐらい、車がバンバン走る交差点にはあまりにも不似合いな、お化け屋敷みたいな貫録のある建物(小屋?)が立っている。中の脱衣場も年季入りまくり!

N0.92 天満温泉(別府)2008/11/16

N0.159 幸温泉(別府)2008/11/16

天満温泉と幸温泉は、どちらも地元の入浴客で賑わっていた。
地元の人は必ずマイ洗面器持参なのだが、天満温泉のおばちゃんも幸温泉のおっちゃんも、こちらのようすを見ただけで洗面器を貸してくれた。
このへんは別府駅周辺エリアなので、外来客もけっこう多いのかもしれないな〜。

N0.91 京町温泉(別府)2008/11/17

温泉本のアバウトな地図では非常にわかりにくく、最初にこのへんかなと目星を付けたあたりに実はちゃんと建っていたのだけれども、正面が国道とは逆(山側)向きで、しかも道路から少し引っ込んでいたため、すぐカドまで来ていたのに気付かず、周辺をグルグルさまよってしまった。

N0.162 朝見温泉(浜脇)2008/11/17

浜脇らしい、クリアな温泉。
湯上がりは一種の清涼感があり、あとからポカポカしてくる。すばらしい!

N0.163 蓮田温泉(浜脇)2008/11/17

N0.164 東蓮田(浜脇)2008/11/17

N0.127 堀田温泉(堀田)2008/11/17

スーパー銭湯風だが、もちろん源泉掛け流し、極上の天然温泉である。
こじんまりとした庭園風の露天風呂が気持ちいい。

N0.104 湯元屋旅館(明礬)2008/11/17

イオウで白濁した、いかにも明礬のお湯。
これがまた、ハンパじゃなく熱い!
がんばって入ってみると、地球というスープの具になったような気分・・・。
内湯もあるが、外気にさらされてない分、もっと熱い!
完全に50度超えてマス、入れマセン(-_-;)。

【脱退】豊前屋旅館(明礬)2008/11/17

地蔵泉のすぐ奥にある、普通の家っぽい旅館。
おばあちゃんがいて、温泉に案内してくれた。
ここは内湯のみ。入り口こそ男湯と女湯に分れているが、内部のドアで自由に出入りできる(笑)。
好きな方に入っていいと言われたが、どちらに入っても同じなので男湯で結構。
ここもかなり熱い〜! ヒー!

N0.81 市の原温泉(周辺エリア)2008/11/18

向かいのコンビニで入浴料200円を支払う。
そのコンビニの名前が「ストア」。そのままや!
おじさんに200円支払い、「実はここが最後なのデス」と言ってスパポートを見せると、おじさんもさすがに感心していたが、期待したほどのリアクションでもなかった(^^;)。

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8